准看護師、クリニックへの転職の注意点は?

准看護師、クリニックへの転職の注意点は?クリニックと病院の違いって?

クリニック(診療所)は、病床(入院用のベッド)がない、19床以下の医療機関のことを言います。皆さんのご近所にある「○クリニック」や「△△診療所」と言ったいわゆる「町医者」は入院設備がないところが多いです。こうしたところはクリニックと考えていただいて構いません。病床が20以上の医療機関が「病院」になります。

 

 

その他、病院の場合、医師3名以上、看護師(准看護師)1名以上、薬剤師1名以上などがいることが必須ですが、クリニックの場合は医師1名以上の他は条件がありません。極端な話、医師が1人で全てを行っても良いのですが、実際は複数名の看護師の手を借りて医療行為を行います。

クリニックで働く准看護師の仕事

・診療介助
医師の医療行為をサポートします。注射を打つ、採血をする、点滴を行う、血圧を測るなど患者さんへの処置に加えて、医療器具の準備、補充、洗浄、消毒などを行い、すぐに使えるように医師をサポートします。

 

・クリニックの雑務
専門の医療事務の人を置いていないクリニックの場合、会計や受付などを行うこともありますし、クリニック内の清掃などの雑用を行うこともあります。医療・看護行為だけしていれば良いと言うわけではありません。

 

・夜勤等入院患者への対応
大病院ほどではありませんが、入院患者さんがいれば夜勤等の対応をする必要があります。入院設備があることと実際に入院患者がいることは別で、ほとんど入院措置を取らないクリニックも多いのです。

クリニックでの勤務時間

入院施設がない、入院患者がいないクリニックの場合、大前提として夜勤がありませんので、比較的働きやすい環境が用意されています。

 

(一般的な勤務時間)

 

午前診療:9時前後〜12時、13時前後
午後診療:14時前後〜18時前後

 

 

午前診療と午後診療の間はお昼休みになります。急患などがなければしっかりと休憩を取ることが可能で、バタバタとすることは少ないです。診療前の準備や診療後の残業も多少ありますが、それでも深夜まで残るということはほとんどありません。

 

休日は、救急患者の受け入れなどもないため、定休日に確実に休むことができます。年に数回ある休日緊急医の日は出勤になりますが、前もって分かっていますので、予定は立てやすくなっています。

 

大きな病院と比べると、残業が少なくしっかり休憩も取ることができ、休日出勤などもほとんどありません。ハードワークにならず、自分の時間を大切にできるのがクリニックの特徴です。

クリニックのメリット

残業が少なく夜勤がない

入院患者がいなければ、夜勤をする必要がありません。勤務時間も固定されるので自分の時間がとりやすく、スケジュールが立てやすくなります。

 

近所にあると通勤時間が短い

クリニックは皆さんの家の周りにたくさんあります。近所のクリニックで働くことができれば移動時間も少なく、家庭生活との両立も容易です。

 

休日が固定されている

緊急対応を行うことはほとんどないので、指定された緊急医の日以外は確実に休むことができます。病院のように休日出勤がないのが魅力です。

 

専門性を深めることができる

「眼科」「美容外科」など単科クリニックであれば、その診療項目を専門的に学ぶことができます。大病院のように異動などで別の仕事を行うことはありません。

クリニックのデメリット

収入が低くなりがち

夜勤や休日出勤がないと言うことは、それに該当する手当がありません。収入は病院勤務と比べて低くなりがちです。

 

社会保険、福利厚生が不十分

クリニックの場合医師(院長)による個人経営が多く、社会保険や年金、福利厚生があまり整備されていない可能性があります。大企業が大病院だとすると、クリニックは中小零細企業であり、色々な点で制度が完備されていない可能性があります。

 

年休などが取りにくい

定休日は休めるのがクリニックの長所ですが、少ない人数で診察を行っているため、有給休暇などが取得しづらい雰囲気にあるようです。自分の代わりの人がなかなか見つからないわけですね。

 

特に繁忙期(眼科や耳鼻科ならば花粉症の時期、内科ならばインフルエンザの流行期など)は厳しいかもしれません。事前に同僚とも調整して、計画を立てることが必要になります。

 

看護師求人ランキング