看護師年収

看護師、准看護師の平均年収の統計

 

看護師、准看護師の平均年収の統計

 

 

看護師 
厚生労働省の平成25年度賃金構造基本統計調査によると、看護師の平均年収は38歳で約472万円、准看護師の平均年収は46.7歳で約399万円となっています。
平均年収:469万円(男性平均年収:462万円 女性平均年収:470万円)

 

 

 

平均年収が高い仕事内容

 

精神科病院は噂によると患者さんに殴られると手当てが出るらしいといううわさもあります。
もともと危険手当てがベースに入っているので、平均年収が高いようです。
そのほか、有料老人ホーム系、美容整形外科系、重度心身障害者施設、透析関係等は多いようです。
精神的にもきつい仕事内容だとそれなりの平均年収もあがるようですね。
その他は、年収が高い看護しを目指すのであれば色々な転職会社へ登録し、吟味するのが得策という口コミもありました。

 

看護師の年収をアップする方法

 

看護師の年収をアップする方法には、大きく分けて2通りがあると考えます。

一つは「同じ勤務先に長く務める」ということです。

 

あまり急激な伸びにはつながりませんが、毎年すこしずつ順調に給与が上がる職場で勤務することです。
今の勤務先で満足している看護師であれば、日常の業務を確実に行っていれば、自然に給与は上がっていきます。

 

あまり業績が良くないクリニック場合はあてはまらない

しかしながら、中にはクリニックなどでは、あまり業績が良くないクリニックなどでは、
給与が全然上がらないというケースもあるようです。
とくに、実績のない開業医などに多く見られるので注意しましょう。

 

もうひとつの方法は「他の職場に転職する」ということです。

 

看護師の職場においては、人出が足りずに困難しているというところも多くあります。